SHIBUYART
SHIBUYART by TakashiSHIBUYA
Animation Movie Design Illustration etc... / 動画制作・映像制作・デザイン・イラストレーションなど
・ノープランというプラン、プランというノープラン

 企業に依頼する場合はすでにプランが用意されており、プラン内でできることが限られていたり、そのプランからはみ出るものはオプションで追加料金が必要になったりという場合もあります。
 あるフォーマットに当てはめるだけに数十万円の予算がかかったり、各社のプランを比べて条件が良さそうなところに頼んだら素人が作ったような映像に仕上がっていたり、という場合もあります。
 プランって何でしょう?
 販売する側が、型にはめ、予算やスケジュールや諸条件を管理しやすくするためのものでしょうか?
 SHIBUYARTでは多義に渡るお客様とそのご希望に添えるため、最初から決まった料金プランは定めないことにしました。
 誠実にご納得いただける料金体系でお見積もりいたしますし、例えば予算オーバーでできないことを提案したりはしません。
 そのプロジェクトの持つ条件から、イメージの実現へ向けての道筋をご提案いたします。



・メリットやデメリット

 個人事業主あるいは小規模な会社に発注するメリットとして、裁量次第で柔軟に動けることや、その人の持つ技術を最大限に発揮できること、予算と質のコストパフォーマンスの良さ、などがあると考えております。
 特に、コストパフォーマンスについては最小の費用で最大限の効果が期待できると考えております。

 例えば、あるお客様がA社に100万円で映像の制作をお願いしたとしましょう。そのA社はB社の代理店として、B社が40万円で制作するものに対して、60万円のマージンを乗せて販売していました。しかし実際はB社も、10万円で下請け企業C社に発注していました。C社も低コストで案件を受注しているので、人件費を抑えるために、外注の個人Dさんに3万円で発注しています。Dさんは技術もある方ですが、3万円分以上の仕事はしません。しかし、お客様にとってみれば100万円分の仕事をお願いしている訳です。
 この流れ自体を一概に悪いとは思っていません。ただ、最初からDさんに50万円でお願いしてみても、予算は半分になったけどできることは実質かなり多く、質も満足度も高くなる…という考え方も選択肢の一つなのではないかと思っています。

 一方、デメリットとしましては、大規模な企業のように人材もバックアップ体制も豊富という訳にはいきませんので、良くも悪くも、個人のパフォーマンスに左右される所だと思います。
 しかし、責任を持つことに全く変わりはありませんし、柔軟さが持ち味でもあるので、何か不安や懸念、問題などが発生しても相談しながら解決していくことは可能だと考えております。



・どんな依頼があるのか

 動画ですと、Youtubeなどの動画サイトでの動画広告、FacebookやtwitterやInstagramなどのSNSでの動画広告、ミュージックビデオやPV、企業紹介映像やインタビュー映像など、Webが媒体の動画のご依頼が多いです。
 また、イラストの制作、そのイラストを使ったアニメーションやWebサイトの制作、社内資料のデザイン、ロゴデザインやそのロゴを使ったWebサイトの制作、などのご依頼もあります。
 仕事以外でも、空いた時間があると、自分の作品やチームでの作品などを制作しており、現在はゲーム形式のインタラクティブな映像コンテンツなども開発中です。